新着情報

副業・兼業における労働時間の管理モデル案が示されました。

2020/07/11
厚生労働省は、副業・兼業を行う場合の労働時間の管理モデル案を明らかにしました。
管理モデルによると、本業事業場における法定外労働時間と副業・兼業事業場における労働時間を合算した時間が月100時間、2~6ヶ月で80時間以内の範囲で、それぞれが労働時間を予め設定する事としています。
設定した労働時間の範囲内で働かせる限りにおいては、他の使用者の事業場での労働時間の把握は不要との事です。
  • 前のページ
  • 次のページ
ご相談はお気軽にこちらからお問い合わせください tel:06-6881-3622 fax:06-6881-3642 ご相談・お問い合わせ