新着情報

就業規則・36協定の押印が不要に!・・・押印原則を見直しへ。

2020/09/23
厚生労働省は、労働基準法による届出の「押印原則」の見直しについて、分科会での検討を開始しました。
時間外労働・休日労に関する協定届(36協定)や就業規則届、および添付の意見書が検討対象となっています。
「経済財政運営と改革の基本方針2020」により定められた書面・押印・対面の見直しに取り組み、速やかに結論を得るとしています。
  • 前のページ
  • 次のページ
ご相談はお気軽にこちらからお問い合わせください tel:06-6881-3622 fax:06-6881-3642 ご相談・お問い合わせ