新着情報

派遣元における同一労働同一賃金での労使協定方式で柔軟な決定が可能!?

2019/09/12
改正労働者派遣法による派遣労働者の同一労働同一賃金における不合理な待遇差を解消する方法としての労使協定方式において、能力・経験調整指数の「年数」について、厚生労働省の「労使協定方式に関するQ&A」では「勤続年数を示すものではない。」との見解が示されています。
例えば職務給の場合に、その派遣労働者が従事する業務が、「一般労働者の勤続何年目に相当するかを労使で話し合って判断するもの。」としています。
  • 前のページ
  • 次のページ
ご相談はお気軽にこちらからお問い合わせください tel:06-6881-3622 fax:06-6881-3642 ご相談・お問い合わせ