新着情報

厚生労働省より長時間労働が疑われる事業場に対する監督指導結果を公表されました。/ご相談はくぼた労務行政事務所まで!

2018/08/07
厚生労働省は、このたび、平成29年度に、長時間労働が疑われる25,676事業場に対して実施した、労働基準監督署による監督指導の結果を取りまとめ、公表しました。
この監督指導は、各種情報から時間外・休日労働数が1か月当たり80時間を超えていると考えられる事業場や、長時間にわたる過重な労働による過労死等に係る労災請求が行われた事業場を対象としています。
対象となった25,676事業場のうち、11,592事業場(45.1%)で違法な時間外労働を確認したため、是正・改善に向けた指導が行われました。なお、このうち実際に1か月当たり80時間を超える時間外・休日労働が認められた事業場は、8,592事業場(違法な時間外労働があったものの74.1%)でした。
厚生労働省では、今後も長時間労働の是正に向けた取組を積極的に行っていきます。

【平成29年4月から平成30年3月までの監督指導結果のポイント】
(1)監督指導の実施事業場:25,676事業場
 このうち、18,061事業場(全体の70.3%)で労働基準関係法令違反あり。
(2)主な違反内容[(1)のうち、法令違反があり、是正勧告書を交付した事業場]
  ①違法な時間外労働があったもの:11,592事業場(45.1%)
  うち、時間外・休日労働の実績が最も長い労働者の時間数が月80時間を超えるもの
     :8,592事業所(74.1%)
  うち、月100時間を超えるもの:5,960事業場(51.4%)
  うち、月150時間を超えるもの:1,355事業場(11.7%)
  うち、月200時間を超えるもの:264事業場( 2.3%)
  ②賃金不払残業があったもの:1,868事業場(7.3%)
  うち、時間外・休日労働の実績が最も長い労働者の時間数が月80時間を超えるもの
   :1,102事業場(59.0%)
  ③過重労働による健康障害防止措置が未実施のもの:2,773事業場(10.8%)
(3) 主な健康障害防止に関する指導の状況[(1)のうち、健康障害防止のため指導票を交付した事業場]
   ①過重労働による健康障害防止措置が不十分なため改善を指導したもの:20,986事業場(81.7%)
うち、時間外・休日労働の実績が最も長い労働者の時間数が月80時間を超えるもの
        :13,658事業場(65.1%)
   ②労働時間の把握が不適正なため指導したもの:4,499事業場(17.5%)
    うち、時間外・休日労働の実績が最も長い労働者の時間数が月80時間を超えるもの
        :1,878事業場(41.7%)

※ 脳・心臓疾患の発症前1か月間におおむね100時間または発症前2か月間ないし6か月間にわたって、1か月当たりおおむね80時間を超える時間外・休日労働が認められる場合は業務と発症との関連性が強いとの医学的知見があるため。

働き方改革法案も成立し、長時間労働による規制が益々厳しくなっています。
何より長時間労働は悪である事を認識しましょう。

くぼた労務行政事務所オフィシャルブログ
◇◇◇ 大阪の社会保険労務士 くぼた労務行政事務所 ◇◇◇

多くの情報を掲載中!!以下よりリンクしています。
社会保険労務士 大阪
社労士 大阪
就業規則 大阪
助成金の情報
労働社会保険手続
給与計算事務
クラウドコンピューティングシステムによる労務管理
ホワイト企業化の支援
ご相談はお気軽にこちらからお問い合わせください tel:06-6881-3622 fax:06-6881-3642 ご相談・お問い合わせ