新着情報

労働時間の不規則性が労災認定基準に追加されます。

2021/07/12
厚生労働省は、脳・心疾患の労災認定基準について、従来の長時間労働に加えて、勤務時間の不規則性を考慮要素に追加し、労働時間と総合して業務上外の判断を行うとしました。
不規則性の要素として、「拘束時間の長い勤務」「休日のない連続勤務」「勤務間インターバルが短い勤務」「交代制、深夜勤務等」の4つとしています。

~大阪 社会保険労務士 くぼた労務行政事務所より~
  • 前のページ
  • 次のページ
ご相談はお気軽にこちらからお問い合わせください tel:06-6881-3622 fax:06-6881-3642 ご相談・お問い合わせ