2021年7月15日

最低賃金 過去最大の28円増!

中央最低賃金審議会は、令和3年度の最低賃金を全国平均で28円引き上げると決めました。
上げ幅は3.1%で過去最大です。
実現すれば全都道府県で800円を超えます。
政府は企業の負担軽減策として、助成金など複数の補助金について時給を上げる中小企業が受け取れるよう給付要件を見直すとしています。

 

~大阪 社会保険労務士 くぼた労務行政事務所より~

← 一覧へ戻る