2021年10月8日

過労死認定基準が改正されます。

過労死認定基準が改正されます。
労働時間の長さを重視することに変わりはありませんが、新基準では労働時間以外の負荷要因を総合評価するとしています。
勤務時間の不規則性、出張による業務の程度、直近1週間の過重業務などを挙げています。
企業は労働時間だけでなく、業務内容、勤務インターバル等にも注視する必要があります。

 

~大阪 社会保険労務士 くぼた労務行政事務所より~

← 一覧へ戻る