2021年10月18日

派遣・請負の要件を明確化へ。

厚生労働省は、システムやソフトウェア開発手法の一つであるアジャイル型開発について、労働者派遣と請負の要件を明確化しました。
開発関係者の対等な関係や、受注者の自律的判断により開発が進められている場合は、労働者派遣事業に該当しないとしています。
ソフトウェア業界にとっては開発手法の選択肢が増えることとなります。

 

~大阪 社会保険労務士 くぼた労務行政事務所より~

← 一覧へ戻る