2022年1月13日

健康診断の自己負担が軽減されます。

協会けんぽは、令和6年度より生活習慣病予防健診について、補助額を引き上げて自己負担額を軽減する方向で検討に入りました。具体的な補助額は今後検討されます。
協会けんぽの令和2年度決算では、法定の5倍となる4兆103億円の準備金があり、目に見える形で加入者の健康づくりをサポートしてほしいとの要望に応えるものです。
少し先の実施となりますが、従業員の健康管理に寄与することが期待されます。

~大阪 社会保険労務士 くぼた労務行政事務所より~

← 一覧へ戻る