2022年3月12日

小売業、介護施設での労働災害が増加しています。

厚生労働省は、小売業、介護施設での労働災害が増加していることについて、防止対策として【+safe】事業をスタートさせます。
食品スーパーや介護施設を運営する法人を構成員とた組織を都道府県ごとに設置し、本社主導による安全衛生管理を強化するとしています。
小売業、介護施設では、転倒や腰痛など作業行動を起因とする災害が増加しています。
この取組で災害件数が減少する事を期待したいと思います。

 

~大阪 社会保険労務士 くぼた労務行政事務所より~

← 一覧へ戻る